ローコスト住宅山口・防府・宇部・きりんハウス・新築戸建・注文住宅・中古住宅

イベント情報

きりんハウス標準仕様~サイディングの留め方~|2016年10月18日

  今回はサイディング(外壁材)を外壁下地に固定する方法についてご紹介します!     サイディングを留める方法には2つあり、 『釘打ち工法』と『金具留め工法』があるのはご存知ですか?     釘打ち工法 ~サイディングと外壁下地を釘で留めて固定する方法   金具留め工法~専用の金具を外壁下地に固定して          その金具にサイディングをひっかけるように固定する方法       きりんハウスでは『金具留め』でサイディングを貼っています!   もちろん釘打ちや金具留めの両方にメリット・デメリットがあるので簡単にご説明しますね☆       釘打ちのメリットは、価格が安いことです。     そしてデメリットは、釘を打ったところから水分しみ込んでしまうことや ガッチリ固定されているので気温や地震のストレスを受けやすいのです(;O;)     それだけでなく、見た目でも気になることが・・・   ghhh     釘の頭は目立たないよう色を塗ったり、サイディングと同じ色の釘を使うのですが やっぱり近くで見ると少し気になっちゃうんですよね;;     %e5%9c%b0%e9%9c%87 この写真は地震によって釘の周りにヒビが入ってしまったものです・・・   んな感じで、劣化しやすく見た目にも少し残念になるのがデメリットなのです(=゚ω゚)ノ           つぎに金具留めのメリットは、サイディングに穴をあけないので水分がしみ込む心配がないこと!   それにサイディングは、固定した金具に引っかけてつけるので、 少しだけ余裕があって気温や地震のストレスを受けにくいんです!(^^)/   %e5%9b%9b%e6%96%b9%e5%90%88%e6%b1%ba%e3%82%8a%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0   見た目でも、釘の頭が見えることが無いので、キレイな外壁になるんです♪ 見た目も大事ですからね!!   そして気になるデメリットは・・釘打ちに比べるとコストがかかってしまうことです。         でもきりんハウスは標準仕様で金具留めなので、 お客様にとってのデメリットはないですよね!   ローコスト住宅の場合、釘打ち工法で留めているところがあるので、 お家を建てるときはしっかりチェックしてくださいね(@^^)/~~~        
ローコスト住宅山口・防府・宇部・きりんハウス・新築戸建・注文住宅・中古住宅
予約特典あり!イベント予約