住宅購入には意外とお金がかかります

住宅購入の資金

 

住宅購入するには、結局いくらかかるのでしょう

 

 

 

 

家を購入するときにまず考えるのが土地の価格と家の価格だと思います。

 

しかし、実はそれ以外にもいろいろな費用が発生します。

 

 

 

それらの費用はぼんやりと、理解してる方が多いいのですが、

 

じゃあ実際いくらかかるの?というお話です。

 

 

 

 

 

 

土地と建物以外の必要なお金って、結構大きく、

 

資金繰りを考える上でも、どのような費用がかかるのかしっかりと把握しておくと、

 

資金の面での失敗はなくなるでしょう。

 

 

 

 

住宅ローンのシュミレーションなどで、色々な方法がありますが、

 

例えば月々の家賃が5万円で、

 

住宅ローンの返済もそのくらいにしたい,

 

とのことで逆算のシュミレーションをすると、

 

35年返済で、金利1%ですると、

 

総借入額1900万で月々の返済額は53、634円となります。

 

 

 

ここまではいいのですが、じゃあ1900万で土地と家を買えばいいじゃん、

 

と考えると後々大変なことになります。

 

 

 

 

ここに先ほどの、それ以外の費用というのが入ってきます。

 

 

 

なので、1900万で計画をするのであれば、

 

土地代+家代+それ以外のお金(諸費用と言います)で計算をしなければいけません。

 

1900万円が2500万円になっても同じです。

 

 

 

諸費用というのは、注文住宅であれ、中古住宅であれ、建売住宅でも、

 

もちろんローコスト住宅でも同じようにかかってきます。

 

家を建てるって、結構難しいです。

 

 

 

例えば

住宅ローンの保証料

住宅ローンの手数料

仲介手数料

確認申請費

土地の登記費用

建物の登記費用

取得税

水道負担金

印紙代

etc

 

など、いろいろな費用がたくさんあります。

 

 

 

 

その諸費用部分の計算まで、

 

できた状態だと資金面での家づくりの失敗はかなり防げると思います。

 

 

 

 

この諸費用の部分もよく理解してないと、

 

月々の支払の計画自体変わってきてしまいます。

 

 

 

みなさんの家を建てる時の不安材料の一つだと思います。

 

 

 

家づくりって、よく3回建てないと、成功しないと言われてるほど難しいです。

 

資金面での失敗も

 

その中の1つかもしれないですね。

 

 

 

きりんハウスでは、資金のお話などのお話を詳しくお話をさせて頂いてから、

 

安心して家づくりを進めていただいてます。

 

 

 

 

 

by 住宅資購入金計画や、住宅ローンのことまでお任せ、

山口、防府、宇部のローコスト住宅専門店 

きりんハウス社長でした( ´∀`)

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。