きりんハウス

tel.0835-25-2908

スタッフブログ

宇部市、昭和町の平屋で太陽光発電パネル工事中です

宇部市の平屋!太陽光発電パネルの設置工事です

晴天の中、太陽光パネル取付工事を行いました。

片流れの屋根の上部にパネルを取りつけます

カナメソーラールーフの屋根材一体型パネルです。

 

こんな感じでパネルを仮敷きしていきます。

ここまでの準備が結構、時間がかかります。

 

仮敷きまで来ると、こっからはあっという間に、パネルが敷かれていきます。

 

写真でお判り頂けますでしょうか☝️?

 

なんと太陽光パネルの下に、既に屋根の板金がひっついてます。!(◎_◎;)

 

パネルを並べていくと、屋根材施工も一緒に完了していきます。

やっぱり、屋根材一体型だと、とってもスッキリしていいですね(^ ^)

 

屋根一体型屋根材一体型の違い

屋根一体型は太陽光パネル自体が屋根材として使われる。

屋根材一体型は屋根材に、太陽光パネルが取付られている。

 

屋根材一体型のメリット 😀

見た目は両方とも、スッキリなのですが、パネルが屋根材になっていると、万が一割れたときには雨漏りの原因になります。屋根材一体型の場合、パネルが割れた場合でも、下に屋根材があるので雨漏りの心配がありません。

固定資産税が違う、屋根一体型の場合、屋根の材料費として、太陽光パネルの費用が評価の基準になってしまう。屋根材一体型の場合、パネルの下の、屋根材での価格が評価の基準になるので、その差は大きいです。

 

 

屋根材一体型のデメリット 🤔

太陽光パネルを普通に設置に設置するよりは、少し割高になる(*_*)

 

 

今回は、割高になるというデメリットも解消されたので、採用になりました。

 

やっぱり見た目スッキリはいいですね。😁

 

カナメソーラールーフお勧めです。

もちろん、普通の太陽光発電のパネルも扱ってますよ(^-^)v

 

 

以前のカナメソーラールーフのブログ

A様邸に太陽光パネル設置

 

 

by きりんハウス社長でした(^○^)

 

 

 

 

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。