宇部市海南町で地盤改良です。きりんハウスは地盤もしっかり!

きりん現場監督です!

少し小雨の降る今日は宇部市海南町の新築現場にて地盤改良工事を行いました!

 

今回行う地盤改良は「柱状改良」です。ちょっと聞きなれない言葉かもしれませんが、地盤補強の工事ではごく一般的で効果的な工法です。

 

 

簡単に言うと、セメントミルク(水+セメント)を攪拌しながら注入し、地中の土と混ぜ合わせ、セメントの柱(柱状改良体)を作る工法です。

 

どの位置にそのセメントの柱(柱状改良体)を作るか、位置決めしています。

 

 

 

位置が決まるとクローラーとよばれる重機で一本づつ柱状改良体を作っていきます。

 

 

実際できあがった改良体がこんな感じ。

 

と言うわけで、きりんハウスは地盤もしっかり手を抜きません!

 

 

きりん現場監督

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。