安さの秘密


いい家を安くお客様に提供させて頂くためには、少ない人数で効率よく作業することが大切です。
そして、できる限り無駄な経費をかけないことが大切だと思っています。
そのようなできる限り、無駄なお金をなくし、その分のお金をお客様の大切な家にかけることにより安くて良い家ができるのです。
きりんハウスが安くて良い家をつくるために、努力しているほんの一部をご紹介します。


安さの秘密その1

一人何役もこなす社員で超効率経営
きりんハウスは少ない社員で、効率よく仕事をし、一人ひとりが何役もこなす、効率経営で、会社経費を極力かからない体制で仕事をこなしています。

安さの秘密その2

きりんハウスは訪問営業やしつこい営業ができません
きりんハウスでは、必モデルハウスに来ていただいてお打合せをさせていただいています。お客様のご自宅にお伺いしてお打合せをさせていただくことは基本的にはありません。
モデルハウスで打ち合わせをすることにより、訪問営業の場合の3倍のお客様とお打合せができたり、しっかりとお話することができるのです。お客様にはご苦労をかけてしまいますが、その分のお金を大切な家づくりに使っていただきたいのです。

安さの秘密その3

きりんハウスには豪華なカタログやパンフレットはありません
お客様より、よくカタログはありませんか?とお尋ねされます。
きりんハウスでは、お金のかかる豪華なカタログやパンフレットにお金をかける分をお客様の大切な家に使いたいと思っています。
カタログがなくても実際に建っているモデルハウスやお引き渡したお客様の家を見て頂くことで、カタログやパンフレットよりも多くのことが伝わると考えています。

安さの秘密その4

きりんハウスは直接施工
多くの住宅会社さんは、お客様から工事を受注すると一旦下請けに流し、その業者が利益を取り、その後孫請けの業者さんが施工を行います。きりんハウスでは、専門業者さんと直接取引をし、施工を行っています。中間業者をいれないことによって、中間マージンを抑えることができます。

安さの秘密その5

職人さんにも手伝ってもらう
きりんハウスでは、長年、建設会社をしていましたので、専門業者さんとの繋がりもあり、コストを抑えた家作りにも協力していただいています。ただし、無理な金額交渉はせずに気持ちよくお仕事をしてもらえる範囲で協力してもらってます。なので現場で職人さんもとても気持ちがいいです。

安さの秘密その6

業者さんには現金払い
建築業界では業者さんへの支払いが約束手形という場合や半分現金、半分約束手形という会社が多くあります。この場合、納入業者さんは3ケ月から6ヶ月先にしか現金にならないのです。
その点、きりんハウスは現金払いで、支払いのサイトもとっても短いのです、あなたがもし納入業者だったとしたら、仕事をして6ヶ月後にお金になるより今すぐ現金で払ってくれる会社の方の仕事をしたいと思いませんか?
やはり業者さんもそうなんです。現金で支払うことで、良い業者さんから安く仕入れる事ができるのです。

安さの秘密その7

広告費を抑える
きりんハウスでは、TVCMや住宅総合雑誌等の費用が莫大にかかる広告は行いません。
住宅会社が莫大にかけている広告費は、全てお客様の購入される住宅価格に上乗せされています。なるべくローコストにご提案したいから、本当に家がほしい方へ、絞ってお知らせしています。

安さの秘密その8

住宅展示場には出展しない
大手住宅会社が出展する、総合住宅展示場というものは、莫大なコストがかかっています。5 千万円とか1 億円とか、とんでもないコストで、実際に住むわけでもないサンプルを建てて、いつか解体するのです。この無駄なコストも、もちろんお客様が支払われた住宅購入費から出ています。

安さの秘密その9

販促物は自社製作
広告などのデザインなども自社でおこなうことにより、デザイン会社に依頼する費用を抑えています。デザイン会社を通さないため、印刷物なども直接業者さんと取引をし、少しでも広告費などを抑えるようにしています。

安さの秘密その10

大量仕入れ
大量仕入れのグループにはいることで、国内の一流メーカーさんの商品を年間数千棟建てるてる住宅会社さんと同じレベルの仕入れ価格になっています、国内メーカーさんの商品なので安くても安心です。

安さの秘密その11

ハイテク?
建設業界は、その他の業界の人から、遅れているという話をよく聞きます。
きりんハウスはいろいろなツールを複合させてつかうことにより、いろいろなことを効率よくできるように工夫をしています。その秘密は…

きりんハウスの安さの秘密を一部ご紹介しました。
たくさんの工夫をすることで、コストを抑えることが可能となり、少しでもいい家をより安くお客様にご提供できるように心がけています。
決して高級な家ではありませんが、大事なことは、無理のない家づくりで、毎日を笑って生活ができる、住宅ローンに追われることの無い生活ができる家を持つことが大事だと考えています。
住宅は高い買い物です、そして住宅ローンは35年という、とっても長いものです、35年払い終わるまで、後悔することのない家づくりが大事です。

家を作りたいと思う気持ちを一歩すすめてみませんか?

家づくりに関する悩みや不安、住宅ローンの心配などお聞かせください。