きりんハウス標準仕様~土台水切りとは?~

  みなさまこんにちは!

今回ご紹介する標準仕様は『水切り』です!    

水切りとは、外壁の下端や窓の下部分

についている部材のことです。

雨水が外壁を伝わるのを防いだり、

建物の下の土台に雨水が侵入

しないようにするためのものです。    

必ず土台付近で水を切らなければ、

雨水の侵入により 土台が腐ってしまう

危険性が高くなってしまうのです。。

それを防ぐためにも水切りは

欠かせない部材の一つなのです!!  

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
↑外壁の下の部分にある水切りです。 

一般的なローコスト住宅では、

このような水切りを使用しているのですが、

これだけではネズミが

床下へ簡単に侵入できてしまいます・・・
  e57e5k5      

そこで、きりんハウスでは『防鼠付通気水切り』
という水切りを使用しています。

%ef%bd%92%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%88%e3%81%9f%e3%81%9b%e3%82%89ffff  
土台部分への雨水の侵入を防ぐ目的はもちろん、

防鼠材がついているため、

ネズミの侵入も防げます。

さらに 、床下と外壁の通気を強力にサポート!!

また、結露の発生や透湿防水シートの

バタつきによる音鳴りを防ぐこともできます。  

gg    

ローコスト住宅とはいえ何より大切な゛安全で快適な家゛

実現するために 見えないところもしっかりと力を入れています!(^O^)      


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。