家屋調査って何??

こんにちは、歌って踊れるプランナーです。

本日は弊社のモデルハウスに市役所の固定資産課の方が建物の評価を調べにやってきました。

 

これって、必ず調べに来ます、

( ノД`)シクシク…

 

それから新築だけでなく増築やリフォームも含まれます。ごまかせませんね(苦笑)

 

土地や建物の登記が終わると写真の様な書類が届き、日時を決めて市役所の担当者が

ピンポーン、とインターフォンを鳴らします。(笑笑)

 

調べるのは図面と建物が合っているか、家屋に付属して取り外しに工事が必要な設備が対象になります。

使っている床材、ユニットバスやキッチンなど、あと、天井の高さ、収納やドアの大きさなどを確認していきます。

 

市役所の担当者は部屋やドアを一つづつ調べて、調査時間は30分から40分というところです。

 

たわいのない世間話をしながらも担当者はきちんと調べていくんですよ。

( ̄▽ ̄)

 

 

それからたまに聞かれますが、家電対象外です。

固定資産税はその名も通り固定された不動産が対象です。

TVなどの動産は基本的に含まれません。

家具なども同じですね。壁に埋め込まれて取り出せないTVであれば資産に含まれるのでは??と思われますがこれも担当者判断の様です。

壁掛けしただけでは対象外ですね。

 

 

ソーラーパネルも瓦の上に乗せたものであれば「家電製品」として固定資産税対象外ですが、屋根一体型の場合は屋根として固定資産税の対象になります。

・°°・(>_<)・°°・。

 

 

太陽光発電を考えている方、要注意です。

きりんハウスも、いろんなタイプの太陽光発電を準備してます。

太陽光発電のお話は、またの機会ということで、、、

 

では、また。歌って踊れるプランナーでした。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。