ローコスト住宅での間取りを作るコツ

ローコスト住宅の間取りの作り方

家の間取りを作る時にコストがかかる間取りと、

ローコストにできる間取りがあります。

同じ床面積でも、大きな差が出ます。

 

 

ローコストにできる間取り

 

ローコストに抑えるためには、できるだけ正方形に近い間取りがいいのです。

 

少し算数のお話になりますが

 

図形の勉強をした時を思い出して見ましょう

 

細長い四角形と、正方形とで同じ面積でも

辺の長さが違います。

同じ面積でも、辺の長さが違うってことは

もう、皆さんもお気づきですよね

辺の長さが長いほど、外壁の面積が増えるということです。

 

同じ床面積の家でも、外壁の面積が多ければ、それだけコストもかかることになりますね。

 

 

そしてもう一つ大事なのが、外壁の面積が多いいほど、

家は外部にさらされる面積が増えることになり、

冷暖房のロスも増えることになります。

 

もちろん、断熱材が入っているので、100パーセントではないですが、エネルギーロスはあります。

性能の高い断熱材を使うことよりも、外壁の面積を減らすことの方が、効率はいいのです。

 

 

ローコスト住宅に仕上げる間取りは、ローエネルギーにもなりますね。

 

でも正方形にこだわりすぎて、使い勝手の悪い間取りになってしまっては、本末転倒ですので

ほんの少し参考ににして見てください。

 

 

 

ローコスト住宅の家づくりは、ローエネルギーの家づくり

 

では

 

by ローコスト住宅きりんハウスの社長


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。