住宅ローンの借り入れ可能額って

住宅ローンには、年収からの借り入れの可能額というものがあります。

 

 

住宅ローンの借り入れ額を算出するときの方法で

『返済比率』というものがあります

 

 

年収に対して、年間のローン総返済額がどれぐらいまでかの
割合を占めているかを表すものです。

 

例えば、年収300万円の人が、

住宅ローンで月々5万円を支払うとすると・・・

5万円×12カ月=60万円(年間の住宅ローン支払い額)

60万円÷300万円×100=20となり、

返済比率

は20%となります。

 

ちなみに、この住宅ローンの返済比率、支払いの妥当性を確認する指標ですが、

銀行の審査基準は、

年収やその他の条件、銀行さんによって違いますが

返済比率25%以内というのが一つの目安です

 

 

 

年収300万円の方にとって、返済比率25%というと・・・

年間300万円×0.25で75万円。

75万円÷12カ月=月々65,500円

 

月々65,500の返済で住宅ローンの借り入れ額を

35年ローン、金利1%で逆算すると

大体、1,950万の借入が可能になるということです。

 

この辺は、返済年数、金利などで、変わってきます。

 

 

 

ただし、その他の借入がないことが、大前提になります。

 

車のローンや、その他の借入があると

 

65,500円の返済可能額の中に、ローンの返済金額が入って来るため

 

仮に月々2万円の、ローン返済があると

 

65,500円から2万円を引いて、

 

45,500円の月々返済の住宅ローンになるということです。

 

 

 

車のローンがあると、住宅ローンが通らない

 

という部分にあたります。

 

 

でも、

 

諦めないで

 

 

銀行さんによっては、その車のローンを、住宅ローンに入れこんで

 

審査を通してくれるところもあります。

 

 

 

そしてここで注意してほしいのが、

 

その他の借り入れがあるのに住宅ローンが通ったからと

 

そこの銀行が審査が甘いという話が、噂話となって一人歩きする話です。

 

 

どこそこの銀行が審査が甘いなどというものは、ありません。

 

 

 

そういう、住宅ローンの商品があるというだけの話です。

 

 

「住宅営業マンさんに、聞いた。」

 

という方もよくおられますが、

 

そういう人に乗せられてはいけません。

 

そういう人は審査というものを理解していません。

 

 

 

銀行マンに聞いたら、よくわかると思います。

 

 

 

住宅ローンのノウハウがありますとの話で、

 

「どこそこの銀行が甘い」

 

などとの話は、ノウハウがある人のいう言葉ではありません。

 

営業の人から安易に「とりあえず、審査してみましょうか」

 

と言われたら、注意しましょう。

 

 

 

その人にノウハウはありません。

 

 

 

気をつけよう、甘い言葉で、審査するのは…

 

 

でも、きちんとした、審査の手続きを行えば、

 

審査が通らなかった人でも住宅ローンは通ります

 

 

きりんハウスで、他社で審査に落ちた人が

 

通ったお話というのはきちんとした、

 

手続きを行っているからなのです。

 

 

 

 

これが、きりんハウス独自のノウハウです。

 

 

 

次回は住宅ローンの通らない人について、お話しします。

 

 

 

 

 

by 住宅ローン審査はお任せくださいの社長でした。

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。