ローコスト住宅きりんハウスの安さのカラクリ

きりんハウスはなぜ安いの?

 

どうして、こんなに安いの?

 

と見学に来られた方から、聞かれます。

 

 

やっぱり

安いから大丈夫?

手抜き工事されない?

欠陥住宅じゃないの?

安普請じゃないの?

 

多くの方の疑問だとおもいます。

 

 

山口のローコスト住宅、きりんハウスやはり心配ですよね。

その心配、とってもよくわかります。

 

 

自分でも、やはり、きりんハウスを始めるまでは、

ローコスト住宅ってどうせ「安普請だろ。」と思ってましたもん。

 

 

 

でも、家を買う側の気持ちになると、

「できるだけ安くすませたい。同じ家なら安いほうがいい。」

とおもいます。

 

みんな一緒だとおもいます。

 

 

 

わたし自身そう思います。

 

 

 

でも安かろう、悪かろうじゃ意味ないですもんね。

 

きりんハウスの安さのカラクリは、大量の仕入れのグループに入っているので

同じ商品が、安く入ることにあります。

 

 

家電量販店などだと、個人商店なのに、大手家電量販店の看板を出しているのとおんなじ感じです。

個人商店なのに、家電量販店と同じ商品が同じ値段で商品が入るののであれば、同じ商品なら安心ですよね。

 

きりんハウスもそんな感じです。

 

同じ、キッチン、同じお風呂、同じトイレなら安いほうがいいですよね。

 

その安くついた分、住宅ローンの借入も少なくて済みます。

 

また、安くついた分、他のところに回すって、手もありますしね。

 

 

同じ材料で建てるなら、安いほうが良い

 

皆同じ

 

 

百聞は一見しかず

 

一度見に行ってみましょう

 

 

 

見学はこちらから→見学する

 

安さの秘密はこちらから

 

 

by 山口市、防府市、宇部市のローコスト住宅 きりんハウス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。